l sustainable agriculgure laboratory

Ph.D.

Shen Yinyue (2016) 日本と中国における機構温暖化に対する植物季節の応答性とその変動要因の解明

Neelam Niroula (2015) Long term change of sunshine duration in Nepal as influenced by the atmospheric brown clouds and biomass burning

M.Sc.

石外孟志 (2019)木質チップの発酵ガスを利用したハウス栽培法における野菜の生育と品質の評価

上松隆太郎 (2019)ソバージュ栽培によるミニトマトとハタケシメジの混作が土壌およびミニトマトに与える影響

宮島彩季 (2019)高炭素資材を用いた農法の手法と生産効果

呉爾傑 (2018)Simulating C and N dynamics in lowland rice fields under continued organic farming

大根田将士 (2018)早朝開花性遺伝子を導入したコシヒカリ新規系統における高温不稔の軽減

濱谷美里 (2018)小学校における菜園教育-海外の成功事例の日本への導入について-

Pauleen Maria Petalcorin Younger (2017) The applicability of the Flow Hive using Apis cerana japonica

Jordan White Springer (2017) Effects of combined applications of transparent plastic mulch and green manure on soil properties and cabbage yield

金子大成(2017)有機農法水田における植被率と葉面積指数の迅速推定法

芝原直也(2017)Impact of globalized food trade on the local environment: a spatially explicit evaluation of reactive nitrogen burdens from food supply to Japan

網野拓(2017)有機農法水田におけるイネ科冬春雑草のすき込みが水稲への窒素供給に果たす役割

安島悠(2017)有機稲作農法における省力化要因の解明:栃木県N町での事例研究

小松美咲(2017)産地提携を行う有機農家が有機JAS認証を取得する意義と課題

河上絵梨香(2017)都市近郊のコミュニティガーデンにおける継続要因の特定

Naho Kasukawa (2016) Examining organic root exudate content and function for leafy vegetable under water-stressed conditions

Yu-Chau Chen (2016) Effect of continuous input of sorghum on vegetable yield and soil properties

神保奈津紀(2016)集約稲作農法SRIはカンボジアの天水田稲作の生産性向上に有効か:SRI実施における農家の論理から考える

Shiwei Wang (2015) Expansion of rice cultivation under water resource constraints and climate change impacts in Heilongjiang Province of China

古賀久善 (2015) 日本ワインの需要増加をブドウ生産の持続的拡大に生かすために―長野県高山村と山梨県穂坂地区の農家の視点で考える―

池田 幸恵(2014) 山村地域における公立小学校の統廃合の課題と可能性-新潟県小千谷市南部地区での事例研究-

望月 祐吾(2014) 農家組織が運営する農産物直売所の新たな意義-長野県小布施町での事例研究-

B.Sc.

菊地将太郎 (2019) ハタケシメジを圃場栽培したときの土壌動物数の変化とそれが同時栽培作物の果実に及ぼす効果のメカニズムについて

立原愛実 (2019) 木質発酵ガスが野菜に与える 収量と食味における効果の検証

森田琴 (2019) 新鮮高炭素有機物を用いた農法が畑の土壌生物性に与える影響

木部未帆子 (2018) 完全食COMPの普及から見る食生活の変化傾向

靍田美優 (2018) 透明マルチと緑肥による土壌硬度に対する効果とそのメカニズム

有田拓真 (2017) 日本ワインを若者にも身近に ~ワインの地元勝沼と塩山の比較から~

田中陽之 (2017) 栃木県野木町の有機水田栽培における雑草がイネの収量に及ぼす影響

藤原亜子 (2017) 種子散布様式に着目した植物による有機酸のシグナル利用

大根田将士(2016)新規コシヒカリ早朝開花系統の開花時刻の特定と系統間比較

矢島遥子(2016)旬八青果店はなぜ都心での八百屋業に成功しているのか―顧客の支持を生み出す仕組みの分析―

濱谷美里(2016)Edible Schoolyardという食育形態の効果―多摩市立A小学校の取り組みを事例として―

石黒峻登 (2015) キャベツを後作とする緑肥ソルガムの新しい栽培・利用方法の検討

安島悠 (2015) 水稲栽培における有機-慣行農法間の圃場作業時間比較:省力的な有機農業のために

串畑勲考 (2015) 西東京におけるワインブドウ産地形成の可能性

芝原直也 (2015) 日本の食糧供給に伴って放出される反応性窒素量の推定:1964年と2010年

長澤紀美 (2015) 長野県須坂市周辺におけるりんご樹剪定技術の伝達に関する事例研究

永田諭史 (2015) 固定種を保全する商業的取り組みに関する研究

神保菜津紀 (2014) カンボジア天水稲作農家はSRI農法の要素技術をどのようにとり入れているか?