農学国際専攻 東京大学 大学院農学生命科学研究科 目的別に探す
人類の安全で豊かな社会造り、 それが私達の使命です。
理念・ビジョン スタッフの紹介 学生の方へ イベントについて OBの方へ
スタッフの紹介

お問い合せ
ホーム
東京大学 大学院農学生命科学研究科
〒113-8657
東京都文京区弥生1-1-1

宮沢 佳恵(みやざわ かえ)

宮沢 佳恵
■ 名 前
宮沢 佳恵(みやざわ かえ)
■ 所 属

農学国際専攻 国際植物生産学講座 国際植物資源科学研究室 准教授
http://www.ga.a.u-tokyo.ac.jp/lab/shigen_lab/

■ 経歴
1997年 東北大学理学部生物学科卒業
2000年 McGill大学大学院生物学科修士課程修了
2003年 東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻博士課程修了
2003年 農研機構 東北農業研究センター 研究員
2008年 農研機構 東北農業研究センター 主任研究員
2012年 東京大学農学生命科学研究科附属生態調和農学機構 助教
2014年 現職
■ 専門分野
環境保全型農業、土壌有機物、パーマカルチャー
■ 研究関心

作物や野菜の栽培において、どうしたら環境負荷を減らしていけるか、という課題に土壌肥料や生態学的視点から取り組んでいます。 今後は新たな研究テーマのひとつとして、パーマカルチャー(持続的なデザイン)による菜園作りと、その効果について見ていきたいと考えています。
■ 研究例
・環境保全型技術の組み合わせに対する作物と耕地生態系の反応
・栽培方法による野菜の生育・品質・食味・環境保全効果
・混作栽培・緑肥によるリン循環効果に関する研究
・定植前リン苗施用によるリン酸減肥
・クエン酸施用による乾燥ストレスの軽減
・高CN比の緑肥すき込みによる土壌肥沃度の変化
・根の浸出液とその植物同士のシグナルとしての可能性
・都心での新たな八百屋業の成功要因
・日本の公立小学校におけるエディブルスクールヤードプロジェクト
・コミュニティーガーデンの継続要因
・フローハイブによる日本ミツバチの飼育可能性
パーマカルチャー
■写真 パーマカルチャーによる混植栽培の例(シアトル)


緑肥
■写真 緑肥ソルガムの栽培(生態調和農学機構)

 
東京大学