メンバー

加藤洋一郎 教授

1997年東京大学入学、2002年農学部国際開発農学専修卒業。20歳の時にサハラ砂漠を縦断、厳しい環境で生きるサヘルの人々の逞しさに対する衝撃が農学研究のきっかけ。
2007年に学位取得(博士(農学)・東京大学)。
2013年から国際稲研究所(IRRI)に国際主任研究員として勤務し、熱帯不良環境の稲作開発に従事。
2017年4月から附属生態調和農学機構(東大農場)にて勤務、2020年4月より農学国際専攻

FM西東京に出演しました。インタビュー(加藤)    


『Japan and IRRI: Contributions to International Rice Research』
(国際稲研究所における日本人の功績の総説)

郭威 特任准教授
(連携メンバー@フィールドフェノミクス寄付講座)

2001年 中国西安建築科技大学情報制御工学部通信工学科 入学
2014年 東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻 (博士(農学)・東京大学)
2015年10月―2019年3月 東京大学大学院農学生命科学研究科 特任助教
2019年4月より東京大学大学院農学生命科学研究科 附属生態調和機構 助教

研究テーマ    :    Field-based high-throughput     phenotyping using advanced imaging techniques (drone remote sensing and ground-based observation),
image analysis and machine learning approaches

https://www.kubota.co.jp/kubotapress/technology/global-wheat-dataset.html
食料問題の解決には、多様性のある革命が必要だ!!

深野祐也先生(連携メンバー;千葉大学園芸学部へ異動)

2004年4月 東京農工大学農学部入学
2013年3月 九州大学大学院システム生命科学府で学位取得(Ph. D.)
2010年4月-2013年3月 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2013年4月-2014年3月 九州大学 理学研究院 学術研究員
2014年4月-2016年4月 日本学術振興会特別研究員(PD)
2016年5月-2022年3月 東京大学大学院農学生命科学研究科 附属生態調和機構 助教

2022年4月より千葉大学園芸学部作物学研究室 准教授


現在学生が取り組んでいる研究テーマ

      

2022.3現在

    • 「フィリピン干ばつ地帯の農家水田における水稲の施肥管理に関する研究」
    • 「熱帯農業開発における生物多様性保全と作物生産の両立に向けた研究」
    • 「熱帯沿岸部低湿地を対象とした水稲の鉄過剰耐性育種選抜に関する研究」
    • 「乾田直播稲作における苗立ち安定化のための出芽予測モデルの構築」
    • 「塊根・茎葉兼用サツマイモ栽培の生産性と品種適性の評価」
    • 「ドローン空撮画像からのブロッコリーの最適収穫日の推定」
    • 「ドローン空撮画像を用いた作物群落構造の3次元再構築」
    •                               などなど         
 

最近の卒業生の研究テーマ

      

2021

  • 学士
    • 「節水栽培に対する水稲の成長、収量および品質の応答の品種間差異」
    • 「ササニシキ/ハバタキ染色体断片置換系統群を用いた収穫後の茎再生能力の解析」
    •         
  • 修士
    • 「耕起耐性を持つ雑草群集の性質および耕起耐性関連形質の解明」
    • 「Deep learning-based seedling identification algorithms on different weed species(深層学習を用いた異なる雑草種の芽生えの自動識別アルゴリズム)」
    • 「イネ幼苗における鉄過剰耐性の品種間差異の評価および関連形質の解析」

2020

  • 学士
    • 「水稲再生二期作栽培に適した早生多収水稲品種の同定」
    • 「塊根茎葉兼用サツマイモ栽培の生産性と品種適性の評価」
    • 「除草および追肥がイネ生産と生物多様性に及ぼす影響:慣行水田と有機水田の比較」
    •         
  • 修士
    • 「熱帯アジアの乾田直播稲作における苗立ち安定化のための深播き技術の検討」
    • 「Evaluation of crop performance under different nitrogen regimes in rice-ratoon rice systems in central Japan」
    • 「トウモロコシ-コムギ作付体系における肥料三要素欠乏下の作物収量形成の解析」
 

2019

  • 学士
    • 「水稲再生二期作栽培導入のための早生品種の生育特性評価」
          

2018

  • 学士
    • 「乾田直播栽培において深播きがイネ品種の苗立ちおよび収量へ及ぼす影響」
    • 「異なる施肥管理に対するコムギおよびトウモロコシの養分吸収と収量の応答」
    • 「耕起から生存する雑草の種および関連形質の探索」
  • 修士
    • 「湛水条件下の鞘葉伸長性に優れたイネ染色体断片置換系統の種子代謝遺伝子の解析」

メンバー募集

国際植物資源科学研究室では一緒に研究するメンバーを募集しています。現在当研究室には男性13名、女性8名の学生・研究員が在籍しております。そのうち約半数が中国/マレーシア/ベトナム/フィリピン/ブータン/韓国/台湾/パキスタンからの留学生・研究員です(2022.3現在)。
学生・研究生としての代表的な受け入れ方法としては下記のような方法があります。

1. 学部4年生
国際開発農学専修の卒論学生として。
2. 修士課程の大学院生
東京大学 大学院 農学生命科学研究科 、農学国際専攻の修士課程の入試を受験する。