国際植物資源科学研究室

Laboratory of Sustainable Agriculture

東京大学大学院

農学生命科学研究科

農学国際専攻

国際植物資源科学研究室































ようこそ国際植物資源科学研究室へ!

Welcome to the Laboratory of Sustainable Agriculture


  • 農業を含む人間の活動は、
    生態系の循環や持続性を保つ機能に大きな負荷をかけており、
    このままでは環境は悪化の一途をたどることが懸念されています。

    私たちの研究室が目指しているのは、
    人が食料を生産して豊かに生きていくこと自体が、
    地球環境や生態系を豊かにできるような
    技術やシステムを作っていくことです。

  • Human activities including agricultural practices place a heavy burden on the functioning of ecosystems, and the deterioration of environmental quality has been a big concern.

    Our laboratory is aiming to create technology and systems that make it possible for people to produce abundant and high quality food while enriching the environment and biodiversity.


Staff

A/Prof. Kae Miyazawa

准教授 宮沢佳恵

子供のころから虫や山や海が大好きで、その興味のまま大学で生物学を専攻。バックパッカーとして世界各国をまわる中で、蛍が乱舞する田んぼや、自然農法やパーマカルチャーの考え方に出会い、自然生態系と調和した農業の面白さに目覚める。農学博士を取得後、国立研究開発法人農研機構で環境保全型農業の技術開発の研究を行なっていたが、たとえ自然生態系と調和した農業技術ができたとしても、現在の社会システムの中ではそれを普及していくのは難しいことを実感。その後、震災が人生の転機となり期せずして大学に移る。現在は、「人々の日常の行動が変わるのは、生態系に良いかどうかではなく、その行動自体が喜びとなり幸福感をもたらすときである」という仮説のもと、学生と共に自然と調和した食に関わることの喜びを伝える食育や流通、無農薬でおいしい野菜が作れる農法、パーマカルチャー、コミュニティーガーデン、日本ミツバチ飼育などを含む幅広い研究を展開中。

宮沢の研究プロジェクト

自然生態系を利用した野菜栽培

私たちが農作物を栽培している土地は、放置しておけばやがて森林になっていく大きな流れがあります。その流れに逆らって毎年特定の農作物を栽培し、生育を均一に収量を最大にするためには、毎回の耕起、施肥、農薬散布や除草などの莫大なエネルギーと資材と労力がかかります。 自然生態系の流れに逆らうのではなく、上手に利用することでエネルギー・資源・労力を低減し、持続的に収量や品質を確保して野菜を育てることができるでしょうか? 土壌生態系の機能を最大限に引き出すこと、地域の有機物資源をエネルギー・資源として用いること、耕地生態系を豊かにすることで食物連鎖により害虫の被害を低減することなど、様々な技術を検証しながら栽培試験を行っています。

美味しい野菜の広げ方

みなさんは、この野菜おいしい!と感動した食体験はありませんか?野菜の味は、鮮度や時期、品種、土壌環境によっても大きく変わります。ですので、スーパーで例えば同じ品種の野菜を買っても必ずしも同じような感動の味に出会うとは限りません。おいしい野菜はどうやったらできるのでしょうか。そして生産者の方々のおいしい野菜を提供したいという思いを消費者とを結んで、 生産、流通、消費の各段階にかかわる人々が心から喜べる仕組みを作るにはどうしたらいいのでしょうか。自然科学と社会科学の両方のアプローチから、おいしい野菜をみんなが食べられる社会を作るために研究をしています。

東大農場でのプロジェクト

西東京市にある通称「東大農場」(正式名は生態調和農学機構)は、都心から電車で30分ほどでアクセスできる 住宅街の中にあります。この農場の敷地の一部に“持続的なしくみをデザインする”というコンセプトでコミュニティー 農園を作る計画中です。“持続的なしくみ”の中には、資源やエネルギー、物質の循環だけではなく、人と人がつながる コミュニティーが持続的に発展できるしくみも含まれます。パーマカルチャーやトランジションタウンをキーワードに 多くの人に参加していただければと思っています。 企画の段階から関わってくださる方を募集中です。どうかお気軽にお問い合わせください。 Facebook(みんなの庭@東大農場)