専修の目的

人類の生存を支える食料生産と生物圏の保全を通じた、
安全で豊かな国際社会の実現に貢献できる人材、
とりわけ学問と政策と実践をつなぐ総合力を備えた人材を育成する。