研究室一覧

研究室一覧

国際動物生産学大講座

国際水産開発学研究室(Lab. Global Fisheries Science)

チリ・バルパライソ近郊における漁村調査


水産業は人類が再生産可能な資源を利用する代表的な活動の一つです。ここでは人間社会と環境の調和が求められており、研究課題も自然科学から社会科学まで幅広く存在します。この研究室では日本国内をはじめアジアや北米などをフィールドとして課題解決に資する研究を行い、あわせて外国研究機関との共同調査や国際シンポジウムの開催など多様な活動を行っています。これらを通して国際的に活躍できる人材育成を目指します。
国際動物資源科学研究室(Lab. Global Animal Resource Science)

抗菌剤の研究( 左)、実践的な疫学研究( 右) 調査


動物感染症・人獣共通感染症の出現・頻発は、世界や日本の動物資源の保全・生産に大きな影響を及ぼし、社会に脅威を与えています。問題解決につながる実践的な疫学研究(輸入リスク評価、感染症モデリング、小動物の疫学など)に取り組んでいます。松本グループでは、リーシュマニア、ニューカッスル病ウイルス、肝蛭等の病原微生物の宿主体内における生存戦略と宿主動物の対応に興味を持ち、海外調査および実験を行っています。

国際植物生産学大講座

国際植物資源科学研究室(Lab. Global Animal Resource Science)

梅林下でのワラビ栽培と日本ミツバチ養蜂


生態系と調和し、生態系を豊かにしながら食糧生産を行うには、どのような技術開発や社会の変化が必要でしょうか? また、そうした技術や社会の変化はどうして、あるいはどんな時に受け入れられ、広がっていくのでしょうか?こうした問いに答えるために、当研究室では現地調査、圃場実験、室内実験、シミュレーションモデルの開発など主体として、農学と生態学、および社会学を融合した研究を進めています。
国際植物材料科学研究室(Lab. Global Plant Material Science)

油ヤシ残渣から種々の材料を得る


開発途上国における森林バイオマスの有効利用は、素材の科学的特徴を踏まえ、かつ地域の生態系バランス・地球環境の保全を将来に渡り考慮したものでなければなりません。国際植物材料科学研究室では、質的・量的特性、地域社会との関連、持続的システムを把握し、物理的、化学的、生物学的手法から巨視的・微視的に俯瞰して、種々の森林バイオマスのを可能性を探り材料や化学物質に変換するための調査・研究を行っています。

地球生物環境学大講座

国際森林環境学研究室(Lab. Global Forest Environmental Studies)

ロシア・アムール州自然保護区における現地調査


現代の地球環境問題の多くは森林に関わる問題であり、その解決は人類の責務です。森林は環境に与えるインパクトが大きく地球上の生物資源量の主体をなすことから、その持続的利用をいかにして達成すべきかが重要な課題となっています。本研究室では、現在の地球環境問題解決の重要な鍵を握る森林とそれを取り巻く環境を対象として、ジオインフォマティクス技術等を利用した持続可能な森林管理についての研究を行っています。
新機能植物開発学研究室(Lab. Plant Biotechnology)

形質転換植物の育成


植物が持っている能力を利用・増強し、不良環境に生育可能な耐性植物を創製すること、低投入型農業に適した作物を創製することによって、途上国の持続的食糧生産と先進国の環境調和 型農業への貢献をめざしています。植物の環境耐性機構、養分吸収機構などを生理学、細胞生物学、分子生物学それぞれのレベルから解明し、その過程に関与する遺伝子を同定、改変して形質転換することによってストレス耐性、生理活性物質生産といった新しい機能を持った植物を作成します。
国際農業開発学研究室(Lab. International Agricultural Development)

コロンビアでの窒素収支研究


途上国の農業・農村の現場に立脚して、研究のための研究ではなく、何が途上国の農民にとっての益となる技術・研究なのかを問い続けながら研究を行っています。強みのある研究分野は、作物学、土壌肥料・植物栄養、作物モデルなどで、社会・経済調査も必要に応じて用います。CIATやAfrica Rice Centerなどの国際研究機関との連携も強く、学生の長期現地滞在も視野にいれた研究を行っています。

国際開発環境学大講座

国際環境経済学研究室(Lab. International Environmental Economics)

中国雲南省の棚田と用水路の現地調査


WTO(世界貿易機関)やFTA(自由貿易協定)の締結交渉の中で、アジア農村の貧困を緩和に資するような経済連携や、生態系や環境の保全に配慮した多様な農林水産業の共存を目指し ていかなければなりません。不完全競争性のパラメータを導入した同時方程式モデル体系の国際貿易モデルへの応用や、現地調査に基づく計量経済分析により、国民経済や環境、世界の様々な階層への影響評価や、調整政策の解明に取り組んでいます。
国際情報農学研究室(Lab. International Agro-Informatics)

タイのホウレン草の生育環境モニタリング


農学はフィールドを対象とした総合的な学問です。また、農学の使命は自然を正しく理解し、その知見を適切に現場に適用し、そこに住む人々の暮らしに何らかの貢献をすることにあります。当研究室では進化した農業工学としての学際的なアプローチによる世界の食料・環境問題の解決を目指して、農業と情報、土壌と水、食と文化などを対象とする研究を進めています。

連携教員・協力講座など

連携教員・協力講座(Affiliated Professors, Adjunct Faculty)

連携教員による講義(研究所見学:農研機構・食品研究部門)


国際的な農学分野は、ひとつの大学の中には入りきらないほどの大きな広がりと展開を見せています。そこで農学国際専攻では、国内のさまざまな研究機関に所属する優れた研究者を連携 教員として、海外の大学や研究機関での優れた実績を持つ外国人を外国人客員教員として、東京大学の他専攻・他研究科の教員を協力講座として招聘しています。
国際農業開発学コース(International Program in Agricultural Development Studies (IPADS))

ボン大学との共同の実習


英語のみで修得できる修士および博士課程のコースです。途上国の農業、環境、資源管理に関するさまざまな問題の解決に貢献できる国際的リーダーを養成することを目的としています。学生は幅広い学際的カリキュラムに沿った教育を受け、また日本の先進的研究や課題先進国としてのアプローチを学ぶこともできます。ドイツのボン大学との共同講義・実習も行っています。
ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー 育成プログラム(GCL)
(Graduate Program for Social ICT Global Creative Leaders (GCL))

ICTを基軸に社会変革をめざすGCL 教育


GCLは、ICTを基軸に社会変革を先導しグローバル社会を牽引するトップリーダーを、産官民学・海外連携により育成する学際的な学位プログラムで、東京大学の9研究科17専攻が参加しています。農学系からは農学国際専攻のみが参加しています。自専攻の専門知識に加え、他科目の多彩な知識を有し、卓越したコミュニケーション能力を備えた、グローバルレベルの課題を解決に導くリーダー人材の養成を目指しています。
寄付講座:持続可能な自然再生科学研究室
(Environmental Science for Sustainable Development)


SDGsの改善目標を実現するため、室内実験とフィールドワークを行います。水圏環境生物の特性を明らかにし、その理解の上で地球環境の保全を目指します。地上の植物・微生物についても生活環境におけるヒト・動物との関りを明らかにし、微生物の環境分布制御によりより良い生活環境の構築を目指します。特に環境における人獣共通感染症病原体の制御を目指します。